blog
舌先に感じる自然な発泡は心地良い高揚感を生み出す!!
  • Nov 06,2020

皆さんご無沙汰しております!
寒さも少しずつ身にしみる季節になりましたがいかがお過ごしですか?
いよいよ冬本番になってきましたね〜
皆様の中にはすでにあたたかい食べ物を楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃるとは思います!羨ましい!!
2020年の上半期の鬱憤を晴らすべく、これから年末にかけて私も全力で飲み食いに拍車をかけていきます。

で、やっぱりそこにお供として欲しいのはグレリパワインw
今回リリースされる『Ambra Frizzante 2019』は、柑橘の香り、ほのかな渋味、舌先に感じる自然な発砲が特徴です。
サローネソムリエチームからは『鶏胸肉の低温調理のサラダ仕立て(オレンジを加えて) 』が、キンキンに冷やした『Ambra Frizzante 2019』とベストマッチとのこと!!

皆さまも、独自のマッチングで是非楽しんでみて下さい!!

Ambra Frizzante 2019 / アンブラ フリッツァンテ  2019

>Onlineshop

 

《グループ会社であるサローネグループソムリエチームからのテイスティングコメント》

◆味わいについて
香りはマンダリンオレンジやマンゴーのような橙色を思わせる果実の香り。時間の経過に つれて酵母の香りが増す。 舌先に感じる発泡と共に、味わいは香り同様マンダリンオレンジの様な果実感にほろ苦さ を残しながら、ミネラルを感じつつじんわりと余韻を長くしてくれる。

◆温度や飲み方について
温度は発泡の爽快感が活かせるよく冷やしてからのスタートがオススメ。 グラスはシャンパン系の細いものではなく、白ワイン用の大きさの物で、渋みを感じすぎな いようにあまり口がすぼまっていない形状のものが好ましい 

◆料理の組み合わせについて
ワインに感じる柑橘の香りと、ほのかな渋味を活かす ◎料理との提案 鶏胸肉の低温調理のサラダ仕立て(オレンジを加えて) ⇒共通したオレンジの香りで互いの印象を高め、脂は少なく旨味のある鶏の胸肉と、フルー ティーだが旨味のあるワインのトーンが同調する。
◎料理との提案
鶏胸肉の低温調理のサラダ仕立て(オレンジを加えて) ⇒共通したオレンジの香りで互いの印象を高め、脂は少なく旨味のある鶏の胸肉と、フルー ティーだが旨味のあるワインのトーンが同調する。