blog
至極の逸品。これぞ“育てるエプロン” 牛革&リジッドデニム登場!!
  • Nov 30,2019

またまた拘りに拘り抜いたエプロンが『ETICHETTA DI GENOCA / エチケッタ ディ ジェノバ』よりリリース!!

グレープリパブリックがプロデュースするユニフォームブランド『ETICHETTA DI GENOCA / エチケッタ ディ ジェノバ』より、大変好評を頂いているエプロンに新しい仲間が加わります!!

 

Grembiule / グランビュール(エプロンレザー)

 

デザイナー兼プロデューサーでもある金子 邦夫氏と共に半年に渡り墨田区の染革工場カナメブランドで北海道産牛原皮を丹念に選定し加工したスペシャルなエプロンです。
なめし加工は、植物タンニンで鞣した肉厚の牛ステアをベースに、鱈の油と舶来の牛脂などを 昔ながらの製法でブレンドした「カナメオリジナル」のオイルを手塗で革に馴染ませ、表面はシンプルにシボ加工のみのヌメ革に。そして、軽量化する為に漉き加工をして厚さ1.3mmに仕上げております。

使いこむごとに深い色合いになっていく経年変化を愉しめる牛革エプロンです。

>Onlineshop

 

そして、もう一つ。

Grembiule / グランビュール(エプロンBlack)

 

こちらは、ビンテージデニムファンには生唾モノ。リジッドデニムの「育てるエプロン」が登場。腰紐には強度がある赤耳部分を採用。前で腰紐を結んだ時にちらっと見える赤耳がデザインのアクセントして映えます。こちらも使うごとに風合いが出てきます。最初に洗って縮めるも良し、最初から洗わずにじっくりと育てるも良し。使う毎にその人の個性が溢れ出てくる様なリジッドデニムエプロンです。

>Onlineshop

 

どちらのエプロンもそれぞれに魅力的な要素があり正直迷います!
皆様のお好みはどちらでしょう?
実際にプロが使用しているエプロンですので使い勝手はお墨付き。
これからのクリスマスシーズン、ギフトにエプロンなんていかがでしょうか?