blog
これぞまさにTHE JAPANIESE WINE!!和食と奏でるハーモニ〜w
  • Aug 04,2020

日本のテノワールにあった日本が誇るぶどう品種「マスカットベーリーA」。
その赤ワインの代表格でもあるマスカットベーリーAを100%使用したワインがここに完成しました!!

グループ会社であるサローネグループソムリエチームから頂いたコメントでは、このワイン、やはり日本生まれのぶどうだけあって脂分が少ない和食、特に煮物や照り焼きソースなどの甘辛い味わいなどとの相性が良い!!との事。

これだから「ワイン」は面白い。

テノワールが反映された、まさに日本独自のペアリング。
是非皆様にもお試し頂きたいです!!

Bailey A 2019 / ベイリーA 2019

>Onlineshop

《グループ会社であるサローネグループソムリエチームからのテイスティングコメント》
◆味わいについて
色調は輝きのあるクリムゾン、香りは甘やかでボリュームがしっかりとした印象。
ストロベリーキャンディや赤い花、奥行きに植物の茎を思わせるボタニカルなフレーバー
が感じられます。味わいは、ダークチェリーのような果実味の中に、フレッシュな青いハー
ブが混じります。後口はドライですがじんわりした旨味を伴って、余韻まで心地よい酸味が
続きます。

◆温度や飲み方について
フレッシュな飲み口が活きるように、グラスは大きすぎないものをチョイスし、やや低めの
温度で(12℃程)で提供し飲み始めるのがオススメです!

◆料理の組み合わせ
◎料理との提案
・煮物(肉じゃがやみそ煮・酢豚など)
⇒タンニンが少なく柔らかい果実味なので、脂分が少ない和食と合います。
・照り焼きソースの和風ハンバーグ(シメジのソテーと大根おろし添え)
⇒照り焼きソースの甘辛い味わいとワインの甘い香りが引き合います。
ワインの酸味が大根おろしと合わせて食後の余韻を心地よくします(おろしポン酢的な
感じ)。シメジや醤油の香りが、ワインの香りと近い為、ワインの印象を強調します。
◎他に相性の良い食材や料理
・メンチカツ(中濃ソース)
・マグロの赤身、冷たいしめ鯖
・鴨のタリアータ・バルサミコ酢・クレソン・ナツメグ・ローズマリー

◆その他
鴨タリアータは抜栓初日のイメージ、ハンバーグは抜栓 3 日以降のイメージです。

【お盆休み期間中の休業日及び商品出荷に関するお知らせ】
お盆休み前の出荷は8月9日(日)ご注文分までとし、それ以降のご注文は2020年8月17日
(月)以降順次発送いたします。 休業前後は多数の受注が予想され、さらに、運送貨物の
集中及び交通状況の悪化によりご希望の期日までの商品配送ができない場合もござい
ます。お早めにご用命賜りますようお願い申し上げます。
休業期間:2020年8月10日(月)から2020年8月16日(日)まで
休業期間中は、お問合せ・サポート対応等はご対応できかねますのでご了承ください。