about

About

ETICHETTA DI GENOVA

Clothing・Goods

The word “Etichetta” of ETICHETTA DI GENOVA means “Label” in Italian. A denim fabric was born in Nîmes France in the 17th century and exported and spreaded from Genoa Italy to various countries.
We named our brand’s name from that tag image, and wished it become a brand loved from all over the world.
It is the denim item, but it is not just any denim. The main concept is up-cycle, its using the remaining cut off fabrics of Levi’s ® 501® to make shorts.
Based on Levi’s ® 501®, which is the basis of jeans and one of the vertex, and gives a different form to create completely new things, and propose values that deserve to survive the time stream to the future with full commitment, is the ETICHETTA DI GENOVA.
 ETICHETTA DI GENOVA/エチケッタ ディ ジェノヴァの“Etichetta”とは、イタリア語で「ラベル」を意味する言葉です。17世紀にフランスのニームで誕生し、イタリアのジェノバから輸出され、さまざまな国へと広がっていったデニム生地。その荷札をイメージして名付けたもので、いつの日か世界中で愛されるブランドにしたいという想いが込められています。中心となるのはデニムのアイテムですが、ただのデニムではありません。古着のリーバイス®501®をショートパンツとして商品にするため、カットオフされた残りの生地を用いて制作する、いわゆるアップサイクルをメインコンセプトとしています。ジーンズの基本であり、ひとつの頂点ともいうべきリーバイス®501®をベースに、いままでとは異なる形を与えることによって、まったく新しいものを生み出していく――。こだわりにあふれたアイテムを通し、これからの時代を生き抜くにふさわしい価値観を提案するブランド、それがETICHETTA DI GENOVA/エチケッタ ディ ジェノヴァです。
A cut off old clothes of Denim fabric was purchased mainly in U.S.A. and most of it is Levi’s ® 501® as mentioned above. Among them, there are royal road detail of jeans model around 20 to 30 years ago, the King of Jeans is the base of that.
Let’s us introduce the gist of production procedure. At first specialist washes the picked up fabric by machine and also by hand if machine wash could not remove a dirt. They perform a partial brush washing with full care after soak in the detergent for overnight.
Although they might leave a nice paint or others sometime, but ever compromise the quality of washing because most ot the item might used in the kitchen and dining. Those fabrics are cut and sew together to make a original long fabric. It is so beautiful Indigo denim patchwork itself which showing different expressions by aging.
 古着をカットオフしたデニムの生地は、主にアメリカの地で仕入れたもので、前述したとおりそのほとんどがリーバイス®501®。中でもジーンズとしての王道的なディテールを持った、20〜30年くらい前のモデルが多く、まさにキング・オブ・ジーンズがそのベースとなります。さて、ここから少し制作の手順を追っていきましょう。ピックアップされた生地はまず専門の業者によって洗浄されますが、マシーンで落としきれない汚れについては手洗いが必要です。洗剤をつけて一晩ほど置いたあと、丹念なブラッシングによって部分的な洗いを施します。雰囲気のいいペンキなどはそのままにすることもありますが、キッチンやダイニングで使われるアイテムが多いため、洗浄に妥協は許されません。そして、それらの生地を裁断し、長くつなぎ合わせたものが原反と呼ばれる元のファブリックになります。経年変化により異なった表情を見せるインディゴデニムのパッチワークは、それだけで美しいものです。
A fabric finished with this progress will be reborn as a handmade apron or a wine carry. ALOHA DENIM is looking after all the work from material collecting to washing and tailoring.
It is a famous and a high quality guaranteed brand for renowned denim up cycle.
ETICHETTA DI GENOVA and ALOHA DENIM realized collaboration because the directors are old friends as well.
For both company honor that there are nothing like denim, it is a “magical fabric”. Its loved regardless of age or gender, even if it gets dirty or torn the color down, it increase taste and appeal. And they would like to convey the charm of denim with a new method ….
The passion of craftmanship has gethered in ETICHETTA DI GENOVA. That is why we could create such stylish but feel wormth items with pride.
 こうしてようやくできあがったファブリックは、ハンドメイドでエプロンやワインキャリーへと生まれ変わります。生地集めから洗浄や仕立てまで、すべての作業を担当するのはALOHA DENIM(アロハデニム)。デニムのアップサイクルで名を馳せるブランドで、クオリティの高さは折り紙付きです。ETICHETTA DI GENOVAとALOHA DENIMはディレクター同士が旧知の仲ということもあり、ここにコラボレーションが実現しました。両者にとってデニムとは、“魔法のファブリック”。年齢や性別を問わず愛され、穿くうちに色が落ちてたとえ汚れたり破れたりしても、それが味となって魅力を増す。そんなものはほかにないと口を揃えて称えます。そして、その魅力をまた新たな手法で伝えていきたいのだと……。ETICHETTA DI GENOVAのもの作りはそうした熱い想いが結実したものです。だからこそ、こんなにもスタイリッシュで、それでいて温もりまでをも感じさせるアイテムができるのだと自負しています。

The apron symbolizing the brand is the same design of Nipponbashi’s Osteria “L’ottocento” staff warings, the full-fledged specification reflecting professional designer’s opinion.
It is a loose fit design but makes matching silhouette, easy to move and easy care hang around neck type, a bib to guard clothes, large pocket to keep a memopad such as recipes, particular design about many points.
Another point to note is the leather neckline. It is soft touch and has high water absorption, so it will not stick with sweat, removable at laundry. Compatibility with denim is outstanding, not only functional but also in design point.
Besides aprons, ETICHETTA DI GENOVA develops a wide lineup such as wine carry, key ring, denim flower, accessory to T-shirts. We are more than happy if our items makes your lifestyles enriched.
 ブランドを象徴するエプロンは日本橋のオステリア、L’ottocento(ロットチェント)のスタッフが着用するものと同一のデザインで、プロの意見が反映された本格仕様。大きくも体に沿うシルエット、動きやすく扱いやすい首かけタイプ、服を汚さないためのビブ(胸当て)、レシピなどのメモが入る大きめサイズのポケットなど、随所にこだわりを感じさせる仕上がりです。また、もうひとつ特筆すべきはレザーの首紐について。肌触りがよく、吸水性も高いため汗をかいてもベタつきません。取り外しができるので、洗濯時にも手間がかからない仕様になっています。デニムとの相性は抜群で、機能性のみならず、デザイン性の面でもポイントといえるでしょう。エプロン以外にもワインキャリーやキーリング、デニムフラワーなどの小物からTシャツまで、幅広いラインナップを展開するETICHETTA DI GENOVA 。これらのアイテムであなたのライフスタイルが豊かになるのなら、それほどうれしいことはありません。